呼吸のように・・・

俳句のエッセー

星の暗闇

裏口は星の暗闇虫しぐれ 和生 季語は「虫しぐれ」。 耳をづんざく虫の声を思います。 晩夏から、はらはらと鳴き出す虫の声に、 秋が近いことを思ったのもつかのま、 すぐに、虫しぐれとなる、秋の夜がやって来ます。 裏口とありますので、自宅か、あるいはど…

螻蛄 けら

耳鳴りのやうに螻蛄鳴き夜の崖 和生 難しい漢字が出てきました。 螻蛄(けら)、「おけら」というと、馴染みがあります。 歌にも登場しています。 鳴き声は、「じー」とひたすら鳴きつづけます。 聞いているうちに、耳鳴りなのか何なのか、 分からなくなって…

ちんちろりん

足許の水辺暮れ初めちんちろりん 和生 季語は「ちんちろりん」、秋です。 チンチロリンとは、怪しげな遊びのことではありません。 主季語は「松虫」。 傍題は、他に、金枇杷・青松虫・ちんちろ。 鈴虫のように、柔らかな鳴き声ではなく、 近くで聞くと、お祭…

色鳥

色鳥や村の社の大けやき 和生 季語は「色鳥」。秋です。 秋に渡ってくるいろいろの小鳥は、その姿の美しさから、 総称して「色鳥」というそうです。 沢木欣一先生が、そう仰っています。 春は「囀り」「百千鳥」なら、 秋は「小鳥」「色鳥」です。 おそらく…

断層の崖

断層の崖の家々秋の雲 和生 災害が多い日本の国。 地震や出水。備えを思わないときはありません。 「断層の崖」とは、きわめて危険な地域に 家が建っている、ということでしょうか。 古くからの家は、代々続いてるもので、 現代に言うハザードマップなど、意…

イネ科

咳が出て、夜も寝れないほどです。 熱はありません。 どこへ行ったかな…と思い出して、整理してみましたが 特に危ない場所へは行っておりません。 風邪かもしれないと思ったのですが、 稲が実り始めているのを見て、気付きました。 アレルギーです。 イネ科…

大琵琶

大琵琶は連山の影涼新た 和生 琵琶湖に映る山の影が大きく感じられ、 その風景に、秋の初めの涼しさを感じています。 琵琶湖の風景に接した記憶が少ないため、 俄かに思い描くことが難しいのですが、 琵琶湖と言えば伊吹山でしょうか。 よく伊吹山を背に、竹…

ひぐらし

暁闇をひぐらし切に鳴きかはし 和生 朝まだき。 ひぐらしとは、切ない鳴き声です。 「鳴きかはし」とありますので、 ちらりちらりと鳴くのではありません。 「切に」は、「しきりに」という意味ですから、 勢いよく鳴き合っているということでしょう。 ある…

淡海の夜明け

「雉」田島和生主宰が、月刊『俳句界』9月号において、 特別作品30句を発表されました。 田島主宰の俳句に挑戦してみたいと思います。 水匂ふ淡海の夜明け小鳥来る 和生 「淡海の夜明け」に、実にさりげなく盛り込まれた季語、 「小鳥来る」。 こちらは、秋…

柴垣

柴垣というところです。 千里浜と同じ砂質で、車で海岸を行くことができます。 幼い頃、父がよく連れてきてくれたそうですが、 私は覚えていません。 写真は残っていますが、それがこの海だったようです。 一度来て、とても気に入りました。 それは、このよ…

猛暑

毎日暑いですね。 今、我が家で元気なのは、オジギソウだけです。 さすがブラジル原産。 元気に新芽が出てきています。 花は咲かないのです。 いつも冬に咲きます。 暖房の方が、ブラジルの夏に近いのでしょうか。 夏の花ですが、夏に咲いたことがありません…

朝顔

勝手連 13日より咲き始めた「勝手連」。 窓ごしに撮っていますので、こちら向きに咲いた一輪を接写しました。 ほとんどが、太陽を向いて咲きますので、 窓からは後ろ向きになります。 珍しい一輪を写真に納めました。 近頃、FBで話題の勝手連ですが、 実は…

キャッシュ

雉HPは、どうなっているでしょうか? キャッシュが邪魔して、私は見ることができません。 写真を読んでくれなかったので、 ブログにリンクしましたが、 アクセスがそこそこ伸びているので、 上手くリンクされているのだろうと思いますが、 私は確認できま…

PNGとJPG

すみません。 雉のホームページの写真が表示されていませんね。 PDFにしますので、暫くお待ちください。 PNGという形式でアップしていたのですが、 データが重くなったのか、こういうことは、何度かありました。 PCも更新されてから、なんとなく調子…

更新

HPが更新されません。キャッシュかと思いますが、 消去してもだめでした。 きちんとアップされているか、不審な点もあり、 何度も更新してみています。 こんなことで時間を費やし、 今日は終わってしまったのでした。

線香

今日、お墓参りを済ませてきました。 午後は、西からの風が強く、 蠟燭に火がつきません。 苦労して線香に火をつけましたが、 風で、面白いほどあっという間に 灰になってしまいました。 香りが身に染みて、とれません。 線香な私でした。

孟宗

孟宗のくろがねの皮脱ぎ払ふ 和生 孟宗とは、孟宗竹。 季語は、「竹の皮脱ぐ」です。 筍の、あの毛羽立った黒々とした皮は、 成長してゆく過程で、下の方から剥がれ落ちて行きます。 筍は、竹になるのです。 その逞しい孟宗の皮は、「くろがね」にたとえられ…

夕立

朝顔は、まだ花を見せてくれません。 蕾はたくさん見えますので、 開く時は、一気にたくさんのお花が見られることでしょう。 楽しみです。 毎朝、朝顔の数を数えるのが楽しみ、 そう仰っていた方もありました。 そのうち、飽きるほど、花が咲くでしょう。 楽…

コーヒー滓ファームの実り

コーヒーの滓を乾燥させ、瓶に詰めて、 冷蔵庫へ入れてみました。 脱臭効果、抜群でした。 市販のものとは比較にならないほど、 使用期間は短いそうですが、 リサイクル品ですから、かまいません。 これほど良いものだったのなら、もっと早くに使えばよかっ…

サウナ

サウナな一日でした。 かなりきつかったです。 皆さん、大丈夫だったでしょうか? 調子が良かったのは、私のコーヒー滓ファームだけで、 私は、ぐらぐらになるほどキツかったです。 今日は、コーヒー滓がしっかりと乾いたので、 ガラス瓶に詰めて、脱臭用に…

葡萄

神様のフルーツ、葡萄。 大粒の葡萄を、神様がお贈りくださったので、戴きました。 とても幸せです。 皆様に祝福がありますように。

聖書

朝の聖句は選びませんが、 夜は、なんでも、というわけにはいきません。 寝る前に、ヨブ記を読もうとは思わない。。。 聖書は、朝に読む意味が分かりました。

立秋

なんと、今日は、もう立秋です。 暦の上では「秋」になりました。 当然のことながら、秋らしさはありませんでした。 人の感覚からすれば、これからが「盛夏」です。 まだ、お盆まで一週間もありますし、まだまだ夏です。 小学生、中学生は、今夏は2週間程度…

八月六日

被爆から75年となりました。 今日、広島忌。 晩夏、朝曇りを蝉の声が渡る中、天空に放たれた一粒の光が炸裂し、 広島の町を飲み込んでしまいました。 今、自分の住む街を思い、当時起ったことを想像すれば、 それが、どれほど異常な出来事であったのか、理解…

コーヒー滓ファーム

コーヒーファームならぬ 「コーヒー滓ファーム」展開中。 以前も喜々として展開していましたが、 この夏、本格始動始めました。 コーヒーの残り滓を乾燥させ、脱臭、乾燥に使います。 虫よけに、火をつけて煙を出すのもいいらしいですが、 匂いが尋常ではな…

サボテン

サボテンは、基本的に水をあげなくてもいいので、 育てやすい植物です。 そのサボテンを枯らしてしまいました。 それは、クリスマスカクタスだったのですが、 お花も、一度しか咲かなかったですし、 ある冬、とうとう枯れてしまいました。 水やりと温度の判…

責任

今では共学になりましたが、女子校だった当時、 そのミッションスクールに高校時代を過ごしました。 ミッションと今でも呼ばれています。 ミッション出身者は、学校が大好きで、 同窓だと分ると歓喜して、 「私も、私も」と言い合います。 私たちは、出身校…

忘れ物

今日は主日。 消毒用のエタノールのボトルを持ち歩いているのですが、 それを忘れないようにしたために、 手帳を忘れてしまいました。 教会の帰りには、少しドライブをして、吟行するのが常ですが、 手帳がなければお手上げです。 ということで、 ただ、のん…

夏草

長雨だったので、夏の草がはびこっても どうしようもなく過ごしてきました。 それが、今日は、その草を刈り取ることができました。 問題は、その後です。 これからの草刈りを楽にするためにはどうしたらいいか、 できるだけ草が生えてこないように、 どのよ…

大マスク

本買ひに疫病(えやみ)の町へ大マスク 田島 和生 「コロナ俳句」です。 こちらの句は、季語に「マスク」を置いています。 マスクは冬の季語ですが、実際はコロナ禍のマスクです。 不要不急の外出を止められていましたが、 ようやく解放されて、作者は心を弾…