呼吸のように・・・

俳句のエッセー

教会の鐘

今日は主の日。

私の教会には「鐘」はありませんが、

近くのカトリック教会には、鐘があります。

今、マンション建築中で、高台にあるカトリック教会の鐘楼が、

私たちの教会からも見えています。

マンションが出来上がってしまうと、見えなくなるでしょう。

その鐘は、10時にならされます。

その鐘の音を聞くのが楽しみで、

つい、通りまで出て行って、鐘楼を見上げつつ聴き入っています。

その鐘が、今日は鳴りませんでした。

ミサが、ないのです。

カトリックプロテスタントでは、教会の数が違います。

カトリックは要所要所に、大きい教会があり、

集う信徒数も、プロテスタントとは数が違います。

それで、コロナ感染予防のために、ミサを行わないのでしょう。

ひどく寂しく、また、危機感を募らせました。

こんなことになるとは・・・

皆さま、どうか、お祈りをお捧げいたしましょう。

全世界のために、祈りましょう。

一刻も早く終息されますように。

そして、最大限に注意を払いましょう。

この敵は、かなり厄介な存在です。

英智を結集して、戦いましょう。

これは、戦争です。

 

信仰の武具を身に着け、十字架の御旗のもと、

気持ちを強くして進もうではありませんか!

復活の日

コロナ外出禁止令の中、

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は、今のところ、安全地域におりますので、

近辺はマスクで自由に出歩いています。

もっとも、普段でも、すかすか地域ですので、

濃厚接触は、ほぼ、ありえませんので、ご気楽です。

さて、

わたしが、まだ、子どもだったころ、

映画「復活の日」を観にいきました。

衝撃でした。

それは物語ですし、すっかり忘れていましたが、

今回のコロナ騒動で、ふと思い出しました。

ネットでは、同じように「復活の日」と重なると言っている人がありました。

草刈正雄さん、最後、ボロボロになって戻ってきます。

たしか、ワクチンを持って帰ってきたのではなかったでしょうか。

それが、一縷の希望、復活の日、です。

「人生は、いいもんだ」

というセリフもあったかと思います。

ほとんど忘れていますので、もう一度、観てみたいと思いました。

コロナでは、ここまでにならないと思いますし、

そうなってはいけませんし

そうならないように、お祈りいたします。

頑張れ、人類。

頑張れ、地球。

もうすぐ、イースターです。

 

新型ウイルス非感染地域対決!

東京都で事実上の外出禁止令が出され、

近隣の二県も同様の対応となりました。

ということで、週末は、百貨店等お休みやコンビニの時短など、

実施されるようです。

働き方としては、良い傾向と思っていまして、

利益が変わらなければ、時短すべきと思っていましたので、

このまま、継続されればいいと願っています。

過剰サービスも無し、インバウンドに頼るも無し、

そのような経済が望ましいと思います。

理由は、よく説明できないのですが、

その方が、人は豊かになれると思うからです。

さて、

新型ウイルスに感染していない都道府県が分かっています。

だんだんと数を減らして、今、6県です。

(その後、変わっていたら、ごめんなさい)

岩手県

山形県

富山県

島根県

鳥取県

鹿児島県

以上、6県です。

誇るのも恥ずかしいような争いですが、

素晴らしいと思いますね。

これは、自然自慢、住みやすさ自慢、

なにより、空気がきれいという証明です。

こちらの6県内では、いまのところ安全に過ごせるようです。

ただ、ここまでくれば、県民は非感染地域の維持に、

かなり熱がこもって来ると思いますので、

上記6県へお訪ねの際は、細心の注意をお願い致します。

また、県民の皆様、感染者第一号という、

不名誉な事態は、絶対に免れるよう予防に努めてください!

 

 

 

コロナ終息への祈り

今日(3月25日)日本時間午後8時から

全世界で祈りを合わせよう、という

教皇様の呼びかけがあったので、

私たち、家族も「主の祈り」をお祈りしました。

次に祈りを合わせるのは、明日の午前2時とのことで、

ちょっと無理だと思いますので、

主の祈りのあと、聖書を読み、お祈りをいたしました。

コロナは、必ず終息すると信じて、

神様の救いを信じて、

この試練には、大いなる実りが与えられると信じて、

主にお願いいたしました。

週末は、東京閉鎖(?)になります。

私も、用事が済めば、まっすぐ帰ります。

そして、祈らねばと思います…