呼吸のように・・・

俳句のエッセー

10月の朝顔

陽気が続くと、朝顔が再び咲き始めました。

蔓の先が枯れて、種も大方取り尽した感がありますが、

なんと、途中から新しい葉が出て、蕾を付けています。

明日も咲くよ、と言っている蕾もありますが、

今日は寒かったので、明日は開かないかもしれません。

今朝は、11輪も見せてくれました。

しかも大輪で、健康そうなお花です。

この逞しさに、励まされ、慰められ、勇気づけられます。

お花は良いですね。

人の世に、お花は欠かすことができません。

朝顔は、お昼ごろには、もう枯れてしまいますが、

それでも、のびのび咲いている姿に、

何かを感じない人はないでしょう。

ですから、毎日、ほめてあげています。

そろそろ日が短くなってきましたので、

カーテンを綿の白に変えました。

自然光も通しますし、白はお部屋が明るくなります。

もう、半袖も片付けないといけないでしょうか。

冷えるようになってきました。

クラファン物語2

今回は、初めてのプロジェクトでしたので、

何度か、企画を差し戻されました。

・何を売ろうとしているのか分からない

・何にお金を使うのかはっきりしない

・リターンのお魚の量が分かりにくい

など、言われてみればその通りで、

その都度、しっかりと伝わるように、

加筆訂正を繰り返しました。

その中で、手数料のことがあり、

「手数料が17%になりますが、この企画で充分ですか」

と尋ねられ、「確かに」と考え直しました。

クラウドファンディングの手数料が高いのは周知の事実です。

そこで東京都や大阪府では、その手数料に助成制度を設けたそうです。

さすが、都会は違います。

当然、この辺りでは、そのような便利なことは望めそうもなく、

そもそも、本年度の中小企業の助成が、一切カットされたことが、

今の私たちの窮状の大きな原因となっています。

(知事が変わったから、かもしれない)

もとい、そのクラファンの手数料と、リターン品の購入費で、

実際、手元に残るのは少なくなりますので、

慌てて金額をアップさせました。

この「慌てて」が良くないですね。

最初は50万円にしていましたが、一気に120万円に。

しかも、期間の35日設定を、間違えて22日にしてしまったことは、

前回、お話した通りです。

クラファンでは、いくら、より、何%の達成率か、という

基準が、集客に大きく影響します。

しまった!です。

良くわかっていたつもりでしたが、

「慌てて」失敗をしてしまいました。

不安と緊張は続きます。

一方で、人の優しさが身に沁みます。

窮地にて分かることがあります。

皆様に感謝申し上げます。

 

記念日

胡麻味噌が

とつても上手くできたから

今日はわたしの

胡麻味噌記念日

 

美味しかった……

 

胡麻の賞味期限が近かったので、すりおろして、

お味噌とお砂糖と、今日は配分が良かったようです。

大根のシャキシャキ感を残したものと一緒にすすめますと、

ご飯がとっても美味しく、たくさんいただきました。