馬に乗る!

馬に乗ってきました。
乗馬といいます。が、そんな立派なものではありません。
無料体験のチケットを頂いたので、行ってきました。
馬の背に乗って、高いとは思いませんでしたが、
結構、揺れますね。
「動物に乗ったことは、ありませんか。象とか…?」
そんな経験、ないでしょう、普通。
馬ではありませんが、昨年、ラクダを見ました。
乗りませんでしたが。
「そうですか、残念ですね。大型の動物は、近くには?」
あ、牛ならよく見ます。
近くに牧場がありますので…。が、乗ったことはありません。
「そうでしょうね」
インストラクターとお話ししながら、進みます。
上手く歩いて、止まったら、首を叩いて誉めてあげます。
「有難う」と感謝いっぱいで、首をそろそろ叩くと、
もっとしっかり叩かないとわかりませんよ、というので、
人間なら「痛い」くらいで叩いて、褒めてあげました。
ここが、マシンと違うところです。
いつもは車に乗っていますが、機械ですから、
大切にメンテナンスをしたり、洗ったりしても、
それは自分の物だからで、感謝ではありません。
良く走ったからと言って、褒めてあげることもありません。
当たり前のことです。が、馬は違います。
機械に慣れている時代だからこそ、馬に乗るべきだと思いました。
それは人間と同じ、生き物対生き物の、血の通った交流です。
不思議でした。
馬に気を遣って、何が楽しいのか、と思うかもしれません。
ですが、それは違います。
これが、人の本来あるべき姿のように思います。
若い方は、子供は、是非、乗馬をなさったらいいでしょう。
思いやりとは、このような関係から学ぶのだと思います。
いい経験になりました。