最後の一日

人生が、今日、一日で終わるとしたら、
あなたは何をしますか?
その問いかけに考えました。
貧しい私は、まず、部屋を片付けるだろうと思いました。
あと一日しかないのなら、様々に思い描いてきたことも
どうも実現しそうにありませんから、
結局、無駄な一日とならないために、
まず、部屋の片づけをして、
要らないものは処分してしまおうと思います。
そして、出来ることといえば、
聖書を読むことと、祈ること、だけでしょう。
できれば、そのように最後の時を過ごせたらいいと思いました。
そうなれば、幸せな人生だったと思えると思いました。
しかし、
問いかけられたのは、今日を充実して生きるための心構えでした。
つまり、今日が人生最後の一日と思い、生きよ、ということです。
一期一会です。
一日、一日、今日、命が尽きようとも、悔いのないように生きる。
私にとって、それを可能にしてくれるのは、
信仰です。