呼吸のように・・・

俳句のエッセー

実紫

紫式部の実が、日ごとに色づいてきて、とても美しい。
我家の紫式部は、かつての職場から一枝いただいて挿し木したものです。
挿し木して根が付くのかどうかも知らず、ただ、土へ挿しておいたのですが、
春になって気が付くと、成長していたのでした。
「これ、紫式部じゃない?」
葉を見て、そうだと知り、母と感激していました。

実は、母が入院していたので、お見舞いに一枝いただけないかと
お願いしていただいた枝だったのです。
退院した時、その紫式部の枝を試しに庭に挿してみたら根付いた、と言うわけです。
みごとに成長し、はびこって、通行に邪魔なほど大きくなっています。

植物は強いですね。
母の心が宿っているようで、色づく実紫を眺めるのが嬉しいのです。