呼吸のように・・・

俳句のエッセー

麦茶

日曜日は主の日。
今年も冷茶サービスが始まりました。
礼拝のあと、ロビーで冷茶をいただくことができます。
熱中症対策としても有効だと、婦人会の方々の奉仕です。
冷たくて、美味しくて、つい、おかわりしていただいてきました。

教会は聖霊が働いて、皆、とてもいい関係ですし、
各々、与えられた役目を、粛々とこなしています。
けれども神様の働きは、それだけではありません。
意外にも、神様を知らない人たちによって証しされています。
ちょっとした親切心だったかもしれません。
ただの責任感だったかもしれません。
その行為が神様に用いられて、人の命を助けたことを目にしました。
おそらく誰もが神様の手を見ることができなかったでしょう。
ですが、それでもそこに、神様の手があったのです。

神様の名をいただいている私たち。
神様を証している私たち。
しかし、その思い以上に神様は働いておられ、
私たちを生かしてくださっているのです。

感謝します。主に…
主によって用いられた方に…
そして、私を用いてください。
弱っている方々へ、小さな私が、大きく用いられますように…