呼吸のように・・・

俳句のエッセー

旱(ひでり)

日本の夏は、暑い。
日本は湿度が高いので、暑く感じられます。

しかし、私は知らないのですが、
砂漠の地はどれほど暑いだろうかと思います。

随分前、カイロに留学していた方が話していたのには、
毎日、最高気温は39度と発表されていたそうです。
ずうっと39度であるらしい。
おそらく実際はもっと高いはずなのですが、
彼らも事実を知らされると卒倒しそうだというので、
最高気温は39度止まりなのではなかったか…というのが、大体の予想でした。

旧約聖書に「ヨナ書」というのがあって、私は好きです。
神様の命を受けたヨナは、逆らって逃げ出すのだけれど、
乗り込んだ船が嵐に遭い、連れ戻されます。
その後、ヨナは、神の言いつけどおり、ニネベの町に災いの宣告をしに行きます。
しかし、ヨナの呼びかけに悔い改めたニネベの町を見て神は思い直し、
災いをくだすのをやめられました。

それを知って、ヨナは怒ります。

 「だから、わたしは先にタルシシュに向かって逃げたのです。
  わたしには、こうなることは分かっていました。
  あなたは、恵みと憐れみの神であり、忍耐深く、慈しみに富み、
  災いをくだそうとしても思いなおされる方です。
  主よ、どうか今、わたしの命を取ってください。
  生きているよりも死ぬ方がましです。」

主の命に従って、バカをみたと思ったのでしょう。
ヨナは、都を出て座りこみます。
暑さの中、神は彼の苦痛を救うため、トウゴマの木を生えさせました。
ヨナは大いに喜んだが、翌日、神は虫を送り、トウゴマは枯れてしまいます。

日が昇り、焼けつくような暑さの中で、ヨナはぐったりとなり、
「生きているよりも死ぬ方がましです。」と言います。
神は、
  「お前は、自分で労することも育てることもなく、
   一夜にして生じ、一夜にして滅びた
   このとうごまの木さえ惜しんでいる。
   それならば、どうしてわたしが、 この大いなるニネベの町を惜しまずにいられるだろうか。
   そこには、十二万以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから。」

旱の日に、「死んだ方がましです」と、
神様に文句をつける、預言者ヨナ。
この人生で、「死んだ方がましです」と一度も言わずに過ごす人は、おそらくいないでしょう。

しかし、神様はおっしゃいます。
「あなたは自分の持ち物を惜しむが、同じように私も惜しむ。
 右も左もわきまえぬ、お前を惜しむ。お前を憐れむ…」

私には、こう聞こえます。
結局は、皆、神様に送っていただいたものばかりだったのです。
しかも、最も神様が熱い思いを持って送ってくださったのが、私でした。
ということは、きっと、大丈夫だと言うことでしょう。
いつか、雨がやってきます。
主を信じて失敗した…と言うことは聞いたことがありません。

おそらくヨナも、もう一度、言ったことでしょう。
「救いは、主にこそある」


勝手な解釈だ!と思われるクリスチャンは、
どうぞ、コメントください。コメントは、この下の<コメント>からどうぞ。

しかし、今日は暑いですね。
もう、ぐったりです…