呼吸のように・・・

俳句のエッセー

初音

先日、俱梨伽羅峠で初音を聴いた。

オレンジ色の夕日に染まった谷の木々に、
うぐいすは、もう立派に鳴いていた。

「鶯」「春告鳥」「匂ひ鳥」「鶯の初音」「鶯の谷渡り」「鶯の高音」「初音」

もう一つ、「経読み鳥」ともいい、
これは、「ホーホケキョウ(法華経)」という鳴き声から、
そう言うのだそうだ。

 鶯や石崖に手をかけしとき  林 徹

このような、ハッとさせられる句を詠んでみたいといつも思う。
いつか詠んでみたいものである。
しかし、なかなか叶わないだろう、と思う。

ちょっと違うが、私は、

  初音ミク が好きだ。

ミクちゃんは、カワイイ。
ミクちゃんは、歌が上手。
ミクちゃんは、ダンスも完ぺきである。

私に作曲の才能があったら、
絶対、歌ってもらうのだけれども、
それも叶わない。

初音ミクのように、句会において、
皆で寄ってたかって、いい俳句に仕上げてもらえないだろうか。
なんてね…

「初音」でした。