呼吸のように・・・

俳句のエッセー

2019-05-04から1日間の記事一覧

夏みかん

おつむ撫でびんづる様へ夏みかん 田島 和生 びんづる様は、寺の御堂の前におわし、 その顔は福福として微笑んで、てらてらと艶めいています。 それもそのはずで、 自分のからだの悪いところは、 賓頭盧さんの同じところをなでると治る、といわれており、 鼻…