呼吸のように・・・

俳句のエッセー

命について

教会に連なる一人として、命について思いを巡らせます。
教会とは家族と同じで、幾世代もの方々が集っておられます。
核家族少子化の進む現代では、実際の家族以上に
人の一生とはどのようなものであるかを、
教会は教えてくれる場でもあります。
命には、限りがあります。
私も母を送りましたし、父を送りました。
いずれも不治の病でしたので、その最後の時は、
ある程度の覚悟のうえで迎えることができました。
今は長寿の時代ですから、比較的若かったというものの、
それなりの人生を送っての最期でした。
その両親と同じ思いを、教会では、何度も体験することになります。
出会い、そして、別れ。昇天し、また、誕生し、
私たちの命は、連綿と受け継がれていきます。
私もまた、いつか、この舞台から降りる時がやって来ます。
何と言って召されましょうか。
何と言って送りましょうか。
かつて、遠藤周作が、肺結結核で死にそうになった時、
神父の友人が言った言葉、
「私が祈っているから、安心して死んでくれ」
この一言で、周作は、
「死んでたまるか」
と奮起したそうです。が、それは若かったからかもしれません。
晩年ならば、「有難う、よろしく」
そう言ったかもしれません。
生きざまは、死にざまと、よく言います。
どのように生きるかは、どのように死ぬかにつながるというのでしょう。
私はキリスト者として生き、それらしく最期を迎えたい。
キリスト者として、みじめで、無様でありながら、
喜びに満ちた最期だったと証することが出来たら、
これ以上のことはありません。