天皇陛下とすれ違った!

今日は日曜日。
礼拝の後、いろいろと奉仕があり、
いつもの高志句会へは、かなり遅れて出席。
途中、警官の多いことに気づきました。
そうです。植樹祭で、両陛下がお見えになっておられるのです。
句会の後、
見ると、沿道には、まだ、国旗を手にした人の群れが…
そして、反対車線は完全に交通規制が敷かれ、
向こうから、あれは、白バイです。
一台、また一台。
もしや、もしや、と、追い越し車線を40キロで走行していくと、
今度は警察車両が!
「後、1分」
そう、通知して、通過していきました。
同乗の方々と「もしかして、もしかして」の連呼。
大興奮のまま、曲がらなければならない角を、
「まっすぐ行きますよ」と、陛下の車両がやって来るのを期待して、
そのまま直進。
追い越し車線を40キロで走っていきましたが、後続車両もみな同じ速度で続きます。
あ、警察の車両の後ろに、旗を立てた車が見えます。
「あ、陛下!陛下!」
見えました。
窓は全開になっていて、あの福福しいお顔が、はっきりと見えました。
白い肌の頬が、ほんのり赤らんで、なんてお優しいお顔でしょう。
実際は、テレビよりも、はるかに美しいと思いました。
全開ですよ、窓が。
危険もさることながら、この時刻では、風が冷たく感じる越の国です。
感激しました。
素直に、嬉しかったです。
天皇陛下とすれ違った!
今日は思わず、スペシャルな日となりました。