緑雨

朝から雨の匂いがしていましたが、
午後は、ほつりほつり、ためらうような雨になりました。
一気に降ってくれればいいものを、蒸し暑さが抜けないまま、
午後の教会に集いました。
K長老の戦争体験の記録会は、これで3回目。
終戦から収容所での生活、そして、受洗に至る経緯を伺いました。
終戦を迎え、収容所での生活は、
グリンピースの缶詰の支給から始まりました。
ルソン山中に潜伏する6か月の間、
蛇、蝸牛の他は、草ばかり食べていましたので、
美味しかった…率直な思いでした。
その後、与えられたお弁当は、毎回、メニューが変わり、
コーヒーがあり、たばこも3本ついていました。
医者であったK長老は、看護婦に化粧品まで用意されていたことに驚きます。
そして、時間を持て余しているある日、
一つの天幕に「キリスト教集会」という文字を発見します。
天幕には5〜6名が座し、その中の1人が語りました。
今でも忘れない…
一杯のお茶を、ふっと動かし、
力を加えればカップは動きつづけ、そのままにしておけばカップは止まり続ける。
「銀河系には、地球が、他の惑星が規則正しく動いている。
 ぶつかることなく動き続けているが、それらを動かした最初がある。
 それが、神である。」
そして、
「その神が地上へきてくださった。それがクリスマスだ」
その言葉が胸に残り、10年後、教会の門を叩くことになりました。
更に、30年後、教会の長老となり、東京から講演にS牧師を招いたとき、
ルソンの収容所で、キリスト教集会を開いたのは、その人だと知ったのです。
神の御手に導かれた再会でした。
新緑に囲まれた教会の2階で、静かな雨を眺めつつ、
恵みの時は、2時間余りに及びました。