石鹸玉(シャボン玉)

雉アーモンド句会
今日の席題は、「しゃぼん玉」としました。
お一人お一人に、シャボン玉のセットをお渡しして、
いつものように、いろいろ試しながら句作していただくつもりでした。
が、シャボン玉の液は、垂れて床を汚すし、
割れれば滴が飛び散るし、誰も吹こうとしませんでした。
こうなると頭で作るしかありません。
ただ一度、大きく膨らませた私のシャボン玉を見て、
皆さん、句作を開始。
席題は一人二句、なんとか出揃いました。
家に帰って、窓を開け、
庭に向かってシャボン玉吹き続けました。
たくさんの小さな空気の玉に空が映って、流れてゆきます。
風に散らされたり、ぱっと目の前から消えてしまったり、
部屋の中へ入り込んだり、色々なシャボン玉の物語ができました。
俳句にして、その物語を形に残したいものです。