内灘

小説「内灘夫人」の内灘です。
内灘海岸へ、外乗へ出て行く一行が見えました。
サラブレットの細く、美しい足が、
海岸の砂を蹴ってゆきます。
草原も素敵ですが、海岸は格別と言います。
騎馬の快感を想像できるでしょう。
眺めているだけでも胸が躍ります。
サラブレットの足は、本当に美しいです。
その細さは、速く走るために交配させて
造り上げたものなのだと知りました。
速く走るためには、足は細くなければならないとは、
初めて知りました。
筋肉隆々、太い方が速そうですが、
違うらしいです。
馬は、癒しにもなるそうで、
触れ合い目的の方も多いと伺いました。
馬とふれあい、自然と触れ合い、言うことなしです。
身近なところにも、新しい発見があります。
知らないことが、まだまだたくさんあるのだと
知りました。