弥生尽

三月今日でお終いです。
「三月尽」「弥生尽」と詠みます。
特別な思いがあって、季語になっていると考えていいでしょう。
季節も春らしくなると共に、
新しい生活を始める方も多いと思います。
その方々にとって、普段の風景が、特別なものに見えているかもしれません。
新旧の入れ替わりの季節。
何事も感慨深く、趣があります。

  古物屋に馬の鞍売る弥生尽   岸川 素粒子

季語としては、陰暦三月の終わりを言いますので、
春が尽きる日、という感覚です。
掲句は、なるほど、過ぎ行くと時を憐れむ心、
ちょっと陰鬱とした思いが詠まれているようです。