沈黙

原作、遠藤周作
映画「沈黙‐サイレンス‐」
行ってきました。感動しました。
遠藤周作は、私の大好きな作家です。
私は、遠藤先生のノーベル文学賞を夢見ていたのですが、
叶わず、先生は帰天なさいました。
そして、今、巨匠、スコセッシ監督による映画化。
神様の時が来ました。
ノーベル文学賞は取れませんでしたが、
この作品によって、あるいは、もっと素晴らしい、
歴史的に意義あるものとなったように思います。
日本人の信仰。
パードレの信仰。
素晴らしいセリフ。
私は、映画化にあたり、二つの注目する場面がありました。
一つは、ロドリゴが信徒に向かって、
踏み絵を「踏んでもいい」という場面。
もう一つは、ロドリゴが踏む、踏み絵のイエスが語る場面です。
どちらも、私の想像を超えるものでした。
しぼり出すように、しかし力強く「Trample!」
と、二回だったかのセリフ。
踏み絵のイエスが語り出す、間合いと落ち着いた声。
感動しました。
フェレイラとロドリゴは、誰にも真似できない、
主イエスに倣った信仰を生きたのです。
誰からも理解されず、蔑まれ、踏みつけられた人生。
信仰を得るのは難しいかもしれません。けれども、
一度得た信仰を、捨て去るのも容易ではないのです。
主は、最後まで二人のパードレと共に歩まれました。
信仰の深さを物語る映画です。