呼吸のように・・・

俳句のエッセー

日々のよもやま

終わりの時

あの出来事以来、最後の時を思います。 誰にも大切な終わりの時を、充実して過ごしたいし、 過ごさせてあげたい、そう思います。 華やかなショッピングモールに行って、 買い物を楽しむ若者を見ていて、楽しそうだと思います。 欲しいものを自由に買ったり、…

同姓同名

私も珍しい名前ですが、 自分の名前のメルアドは取れませんでした。 世間は広いもので、それでも同じ名前の方はいらっしゃるようです。 ブログでも、わたしの名前のブログが存在しました。 一瞬、わたしのブログかと思って驚いたほどです。 今ほど、友人の娘…

天に宝を・・・

かつて、埋蔵文化財を整理する施設で、 火起こしの実験をしてしまって、怒られたことがありました。 もっともなことで、 火事にでもなったらどうするのだ、ということです。 その時は、火打石ではなく、 縄文時代の火起こしの器具を使ってみました。 木の板…

愛は犯罪者にする?

夫は妻に、妻は夫に。 愛する者の姿は美しい。 「全世界を敵に回しても、あなたを守る」 「守る」の部分を、「愛する」としてもいいかもしれません。 夫や妻に欠点があっても、愛を貫くのです。 夫や妻に欠陥があっても、愛し続けるのです。 「欠点」が「欠…

灯がいっぱい

今日は疲れました。 寒の戻りで、空気が乾燥し、 ドライアイに悩まされています。 疲れもあり、 灯しがたくさんに見えます。 今日はお終い。 おやすみなさい。

新しい誕生日

今年のイースターは、4月21日です。 ふと、気が付きました。 今年は、昭和32年と同じカレンダーなのです。 何年かに一度、同じカレンダーがめぐってきますので、 同じ日のイースターがやって来ます。 今年のイースターには、 どのような受洗者が与えられるの…

きらきらと

バイブルクラスに於いて、 「ハイジ物語」をご紹介いただきました。 アニメ「アルプスの少女ハイジ」の原作だそうです。 アルプスから都会の富豪の家へ来たハイジは、 お嬢様のお相手の他、文字も習うなど、 とても良くして頂いていました。 しかし、ハイジ…

いけにえとして

わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。 世を去る時が近づきました。 わたしは、戦いを立派に戦い抜き、 決められた道を走りとおし、 信仰を守り抜きました。 今や、義の栄冠を受けるばかりです。 正しい審判者である主が、かの日にそれを わた…

発見!

是非、ご覧ください。 ameblo.jp もう一つ。 blogs.yahoo.co.jp 読み応えあり、です。

父の日

今日は父の忌日、命日でした。 今日で、ちょうど10年になりました。 父と共に生活していた記憶は、全く風化されておらず、 ともすると、まだ、隣の部屋にいるような感覚です。 10年とは短いものだと改めて思います。 苦労らしい苦労もなかったようでいて、 …

愛の使者

あなたがご立派で、近くにいても 緊張するほどの方だったら、 私は訪ねることはできません。 あなたが弱くて、幼子のように小さく、 老人のように頼りなく、 病人のように弱かったからこそ、 私は、その手を取り、顔に触れ、足をなでることができるのでしょ…

主のなさったことを証するのと、 主を証しするのとでは、違うらしい。 ちょっと、分からない。。。 誰か、教えて。

花と花粉

考古学には、たくさんの研究分野があり、 中でも、当時の自然環境の復元を試みる分野を、 環境考古学といいます。 当時の自然環境を復元し、古代人の土地利用を考察する、 これが環境考古学の目的です。 環境考古学にも、利用する自然遺物は様々ですが、 中…

お前は愛されている者

こうしてなお訴え、祈り、 わたし自身とわたしの民イスラエルの罪を告白し、 わたしの神の聖なる山について、 主なるわたしの神に嘆願し続けた。 こうして訴え祈っていると、先の幻で見た者、 すなわちガブリエルが飛んで来て近づき、 わたしに触れた。 それ…

「雉」が来ました

俳誌「雉」2月号(2019)が届きました。 今回は、追悼句を中心に構成しました。 「帰 天」 Chieri.F 雲の影つぎつぎ流れ冬菜畑 棺掛けの白き十字架冬ともし 雲の間に冬の虹立つ別れかな 冬の浪オリーブ色にひるがへる 幾すぢも海へ日矢さす小春かな 真青なる…

寒の晴

日が長くなりました。 雪が止むと、青空が広がり、 日差しは、もう、春を思わせます。 寒中ですので、空気は冷えていますが、 それがまた、気持ちがいい。 川原を歩いて行くと、私の影に驚いたようで、 鴨が一斉に飛び立ちました。 鴨に気付いていなかった、…

キャンベルスープ缶

アンディ・ウォーホルが好きで、 本を買ったり、よく美術館へ行ったり、しました。 有名なマリリン・モンローは、思ったより大作で、 確か8枚を目の前に、かなり興奮したのを思い出します。 シルクスクリーンの「お花」は、かなりの種類が刷られていますが、…

我は咲くなり

あなた方のうち誰が、思い悩んだからといって、 寿命をわずかでも延ばすことができようか。 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。 野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。 働きもせず、紡ぎもしない。 しかし、言っておく。 栄華を極めたソロモンでさ…

待春

今が最も寒い時だと言うのに、 暦の上での春はもうすぐです。 楽しみですね、春。 でも、今はまだ凍てついて、 朝は、空が唸るように鳴っていました。 まるでジェット機が近づいてくるような音が、 ずっと続いていて、やがて、雪になりました。 が、今は止ん…

凍て星

さすがに寒くなりました。 雪は、心配されたほどではありませんでしたが、 とにかく、寒い。 路面の状態が悪いので、十分、注意しましょう。 さて、忙しい毎日が続いています。 今日は、仕事の関係で移動時間が早まり、 珍しく、はじめから句会に出席するこ…

神様の約束

人の目には悲惨に見えることも、 神様には違うということもあるそうです。 あれから、わからなくなったことがありました。 あの人は、神様に見捨てられたのでしょうか。 神様は、傍にいて下さったのでしょうか。 なぜ、人は傍に居ることができなかったのでし…

宝石

今夜からお天気が崩れるそうです。 寒波がやって来るようで、雪が心配されます。 日中は日差しが心地よかったのですが、 乾燥して、喉がイガイガしてきました。 先週の疲れが一辺に出て、夕方からうたた寝してしまい、 風邪を引いたかもしれません。 寒波が…

大寒

いよいよ寒さが厳しくなってきました。 雪は少ないですが、気温が下がってきています。 寒いと思ったら、早々と路面が凍っていました。 危ないです。 気を付けましょう。 お陰様で、催事の期間中は、天候に恵まれました。 お客様もたくさん来ていただきまし…

催事終わる

段々色ギャラリー 金沢名鉄エムザ催事 「障がいのある作家展」~騒ぐイマジネーション~ 本日22日午後4時、無事に終了いたしました。 ご来店いただきましたお客様には、心より感謝申し上げます。 はじめに、障がいのある無名の作家の作品をご覧いただくにあ…

面白いこと

面白いこと。 何かを見て、ものを考えること。 何かを読んで、感想を言うこと。 つまらないこと。 人の物差しに倣うこと。

取材を受けました

民放4社に囲まれてのインタビュー。 絵の説明をしています。 なかなか・・・ 本人は、ビジュアル系ではないと嫌がっていましたが… いい経験だったと思います。 皆様、有難うございました。 催事は22日(火)午後4時までです。是非、お越しくださいませ。

胡蝶蘭

有難うございました。 ショーウインドウに入っていまして、売り場が写っています。 有難うございました。 久々に店頭に立ち、反省ばかりです。 至らない事ばかりで、お客様には失礼をお詫び申し上げます。 これに懲りず、期間中、何度でもお運びいただけたら…

左義長

左義長、どんど。 今日は左義長でした。 句材になるので、毎年、出かけています。 日の沈む5時ごろから祝詞が上り、 火入れをして、7時ごろまで、皆が火を見守るというのが常です。 めった汁が振る舞われて、寒さをしのぎます。 さて、今日は3時から持ち込み…

「有難う」

礼拝で、讃美歌を歌っているときに、 ふと思い出したことがありました。 今、讃美歌は、「第二編」と「讃美歌21」を併用していますが、 讃美歌21の○○番を歌っているとき、 間違えて、讃美歌第二編の○○番を開いている方がありました。 後ろから見ていて気付い…

鏡開き

お鏡をひらきました。 お陰で餅三昧の日々です。 お鏡は、刃物で切ることを忌み、鎚で割ったりします。 「切る」という言葉も使いません。 「開く」と言います。 日本語の繊細な感性です。 紅白の餅は、直径20センチほどもあったでしょうか。 水に浸けられた…