呼吸のように・・・

俳句のエッセー

日々のよもやま

不正にまみれた富

目からうろこ。 (こちらも聖書から生まれたことわざです) hiroshisj.hatenablog.com

抜け目のない生き方

私にとって、一番難解なたとえ話です。 youtu.be

若者と馬鹿者

世の中を変えるのは、「若者」と「馬鹿者」。 既に、若くない者が、世に変革をもたらそうとするならば、 馬鹿者になりなさい。 それならば、難しくなさそうです。 人は、つい賢く見られたがったり、 偉そうに振る舞ったりしますが、 賢そうな人と賢い人は違…

月去り星は移るとも

北陸三県連合三田会 長谷山塾長をお招きして、 富山第一ホテルにて開催されました。 長谷山塾長 長谷山塾長は、初めて富山にいらしたそうです。 車窓から、宇奈月温泉という名を見つけて、 「権利の濫用」を思い出したと、お話されました。 私は、古墳時代、…

戦いの歌

戦争はプロががするもの。 伝道もプロがするもの。 と、大住先生は仰っていました。 その通りだと思います。

大住雄一先生を悼む

大住雄一 東京神学大学学長が 9月5日急逝されました。 64歳でした。 ちょうど一年前、金沢教会にて伝道説教をしていただきました。 「神の国が来ている証拠」 その一年後、天に召されるとは 誰も思わなかったことです。 もう一度、お会いしたかったです…

六大学オールスター戦

2019年8月24日(土) 立山レンポーズ 対 富山ワーンズ 六大学オールスター戦が富山で開催されました。 立山は、明治・立教・法政 富山は、慶應・早稲田・東京 結果は、立山レンポーズが、3対0で勝利。 仕方がないです。 三塁側ワーンズの応援は、東京・早稲…

天国の父

父は洗礼を受けていませんでしたが、 最期は、讃美歌を歌う家族の中にあり、 聖書の朗読を聞き、信仰告白を聞きながら、 召されて行きました。 今、思えば、幸せな最期だったと思います。 明るい病室で、家族皆に囲まれて、 父は眠るように逝きました。 全く…

ハレルヤ!

お祈りは、まず、神様をほめたたえましょう。 御名をほめたたえます、とか、ハレルヤ!と呼びかけましょう。 天の父なる神様は、 そのまま「お父さん」ですから、 肩ひじ張らずに、「ねえ、おとうさん」という感じで、 呼びかけてみましょう。 祈りを口に出…

空母いぶき

空母いぶき 面白かったですよ。 佐藤浩市さんの発言で炎上していましたので、 何となく興味を抱き、行ってきました。 「空母いぶき」とは、「空母いずも」を連想させます。 自衛隊の高い技術力と、崇高な精神が、 平凡な日常を生きる日本の一般人を対象に描…

取りました

終了証をいただきました。 「甲種防火管理新規講習」 「防災管理新規講習」 以上です。 これで、防火防災管理者になることができます。 いつでも、施設等の運営に携われます。 次は、二種かな… 手堅くいきます。

不思議な人事

仕事以外に、7~8の団体に関わっていますが、 (町内会ははいっていませんよ)名前だけのところもあり、 上だったり、下だったりして、それなりに大変な思いをしています。 先日も書きましたけど、 目的がはっきりしている仕事ではない分、 難しいことも起…

知覧の石

もう少し、時間的にも余裕ができたら、 知覧へ行きたい。 知覧へ行って、俳句を詠みたい。 知覧の小石を取り、話しかけたい。 石よ、お前は見たのか。 多くの若者が、ここから飛び立って行ったのを。 年よりも大人びた顔をした若者が、 ここから飛び立って行…

「デマを信じる危険」安田純平

『俳句界』5月号、 佐高 信の甘口でコンニチハ! ゲスト安田純平さん、「デマを信じる危険」 とても面白い記事でした。ご紹介いたします。 〈柿食えば涙がにじむシリアの暗闇〉安田純平 「デマが及ぼす危険性」 私は2002年のときにも3日間捕まりましたが、そ…

カード決済

カード会社から、車税をお支払いいただけます、 との案内が来たので、試してみました。 車税は、ご存知の通り都道府県別になりますので、 県のHPから、公金支払いのページに進み、 手順を確認しました。 手数料が324円かかりますというので、 何となくもった…

令和元年

今日、五月一日は、 教会の、ある女の子の誕生日でした。 おめでとうございます。 素晴らしい、 令和初日です。 きっといいことがありますよ。 祝福をお祈りいたします。

さよなら、平成。

平成も、後一日を残すのみになりました。 5月からは令和です。 こんにちは、令和。 それで、 まだ、「雉」も「晨」も届いていません。 心待ちにしています。

源平桃

源平桃 紅白の咲き分け桃です。 源氏の白旗と平家の赤旗が入り混じって、 戦う様子を思わせることから、 源平桃と呼ばれるようになりました。 源平古戦場、倶利伽羅峠に植えられています。 落日や源平桃の紅白に Chieri.F 源氏と平家が戦ったこの砺波山(倶…

アースディ

Who speaks for Wolf? 4月22日は、アースディです。 国連では、21日をアースディとしていて、 昨日は、代々木公園にて、 Earth Day Tokyo 2019 が開催されました。 私の兄の会社「段々色ギャラリー」もブースを展開し、 今回は、狼と森の研究所による、 日本…

イースター

イースターおめでとうございます。 今朝、主は蘇られました。 朝、主のお墓を訪ねてみると、空っぽでした。 ご遺体すらなくなるなんて、戸惑い、絶望して 泣き崩れてしまいました。 主よ、主よ、 誰が、どこへ運んでしまったのでしょうか。 何故、そこまで執…

受難日

今日は、主のご受難の日。 十字架に架けられた日です。 午前9時に木に架けられ、午後3時にお亡くなりでした。 十字架刑は、木に打ち付けて放置する残酷な刑です。 約6時間で亡くなったのですが、 とても短いという話を耳にしたことがあります。 分かりません…

洗足木曜日

主イエスが、弟子たちの足を洗った日。 この日は最後の晩餐の日で、 夜、ゲッセマネの園で捕らえられたイエス様は、 翌朝、十字架に架けられます。 その最後の晩餐をおぼえ、教会では、 パンと葡萄酒をいただく、聖餐礼拝が行われました。 明日、イエス様は…

花吹雪

桜が散り始めました。 散り急ぐ桜に、哀愁を感じます。 もう少し、花の期間が長くてもいいと思うのですが、 桜は、この余韻がいいのかもしれません。 有難みがちがってきます。 百日紅など、その名の通り、花の期間は長いのですが、 これは「夏」の花ですか…

ノートルダム寺院

この受難週に、ノートルダム寺院が焼けてしまいました。 讃美歌を歌い祈る方々と思いは同じでした。 朝、ニュースで知ったのですが、悲鳴を上げてしまいました。 そのような方は多かったのではないでしょうか。 あのステンドグラスの一つが破損したようです…

金銀

「私には金銀はないが、あるものをあげよう」 主イエスの御名によって、立ち上がり、歩きなさい。 何も持ち物もなく、お金があっても使えず、 身体は自由にならなくなったら、 主イエスの御名によって、心静かに落ち着いて、 眠りましょう。 そんな時、必要…

4月13日

4月13日は、父の誕生日です。 86歳になっていたはずでした。 そして、 今年の4月13日は、同窓会です。 懇親会の司会をさせていただきます。 ということで、 とにかく気負わず頑張ります。 では。

桜と花

花と言えば桜のことです。 日本を代表する花、桜。 しかし、今回、発表された元号は、 梅にちなんだものでした。 桜では、良くないかもしれません。 梅がよろしいと思います。 今日は花冷えでした。 空の色は青く、雲も真っ白で、ぽっと浮かんでいて、 桜が…

花見

桜の写真が届いています。 お花見にも出かけました。 どの人も上を向いて歩いています。 日本中、絵になる桜の季節です。 酒なくて何の己が桜かな めでたし めでたし

令和

新元号が発表されました。 5月1日より「令和」となります。 令和元年。 私は5月生まれですので、 令和元年に誕生日が来ます。 4月までに誕生日を迎えた方は、 平成31年の次は、令和2年になります。 ちょうど、今、誕生するお子様は、 平成と令和の境になり、…

窓口

相談窓口が決定されました。 何か問題があれば、申し立ては、 3名の書記長老へ言えばよろしいとのこと。 「議決事項については、長老会の議を経て伝える」、とのこと。 (日本語が、ちょっと変ですが) ただ、申し上げておきたいのは、 問題解決は第一に大切…