呼吸のように・・・

俳句のエッセー

俳句鑑賞(新年)

諸子

割箸へまなこ見開き初諸子 田島 和生 「諸子」 小さな魚です。 作者は琵琶湖近くにお住まいですので、 諸子をよく召し上がるのでしょう。 淡水魚だそうで、海の魚の多い 私の地方では、あまり見かけません。 食べてみたい、諸子。 美味しそう、諸子。 まん丸…

松過ぎ

松過ぎの靴よく磨き次の旅 田島 和生 季語「松過ぎ」。新年。 平成も終わりに近づきました。 田島主宰は、22年間務められた 朝日カルチャーセンター京都の俳句講座を、 この3月を以て終了されることを決意なさったそうです。 22年という歳月は、どれほどのも…