呼吸のように・・・

俳句のエッセー

取材を受けました

f:id:mijinyamatanishi:20190120234613j:plain民放4社に囲まれてのインタビュー。

 

f:id:mijinyamatanishi:20190120234706j:plain

絵の説明をしています。

 

f:id:mijinyamatanishi:20190120234748j:plain

なかなか・・・

 

f:id:mijinyamatanishi:20190120234845j:plain

本人は、ビジュアル系ではないと嫌がっていましたが…

いい経験だったと思います。

皆様、有難うございました。

催事は22日(火)午後4時までです。是非、お越しくださいませ。

胡蝶蘭

f:id:mijinyamatanishi:20190118004901j:plain

有難うございました。

ショーウインドウに入っていまして、売り場が写っています。

f:id:mijinyamatanishi:20190118004931j:plain

有難うございました。

久々に店頭に立ち、反省ばかりです。

至らない事ばかりで、お客様には失礼をお詫び申し上げます。

これに懲りず、期間中、何度でもお運びいただけたら幸いです。

お待ち致しております。

左義長

左義長、どんど。

今日は左義長でした。

句材になるので、毎年、出かけています。

日の沈む5時ごろから祝詞が上り、

火入れをして、7時ごろまで、皆が火を見守るというのが常です。

めった汁が振る舞われて、寒さをしのぎます。

さて、今日は3時から持ち込み可ということで、

注連飾りなど手に出かけました。

消防車が待機しています。

禰宜が三人ほど集まっていました。

早々と、ご苦労なことです。

すでに竹組に、毛筆のあれこれ、お飾りのあれこれが、くくられていました。

男衆が周りに待機しています。

その輪の中へ入り、ヨイショと手にしていたものを

竹組の中へ入れようとした、その時、

油の匂いがして、いきなり左右から火が迫ってきました。

驚いたのなんの。

私まで燃やしてしまう勢いです。

大慌てで、手にしていたものを放り投げて逃げ出しましたが、

投げた物が火の中に入らず、砂の上に落下してしまいました。

「間に合いませんでした!」

思わず、助けて、と言わんばかりの私でした。が、そこへ、

男衆の一人がやって来て、

「間に合うよ」と笑顔で、

私の落とした物を、火にくべてくださいました。

時は3時30分。

今年の火入れは、3時30分でした。

こんな真昼間から、どんどの火は燃えあがり、

竹がボンボンと音を立て、町へ轟きます。

煙が流れ、そのうすぼんやりした影が、さざ波のように

砂原の上を動いていきました。

「絵にならないな・・・」

それは、まるで昼行燈のようで、

感動も今一つだったのでした。

今年は、珍しく雪もなく、青空が広がっていたためか、

焔が映えませんでした。

左義長は、夜がお似合い、ではないでしょうか。

そもそも、油を使うとは反則ではないですか。

だんだんと簡略化されて、

つまらなくなっていく気がします。

ちょっと残念などんどでした。

 

 

 

 

 

 

 

「有難う」

礼拝で、讃美歌を歌っているときに、

ふと思い出したことがありました。

今、讃美歌は、「第二編」と「讃美歌21」を併用していますが、

讃美歌21の○○番を歌っているとき、

間違えて、讃美歌第二編の○○番を開いている方がありました。

後ろから見ていて気付いたので、そっと横の席へ移動し、

讃美歌のページを示して、間違いを教えて差し上げました。

のぞき込むようにご覧になり、間違いに気づいて、

讃美歌21をお開きになりました。

ご一緒に並んで讃美をし、歌の終わりに、

「有難う」と、そっとおっしゃいました。

その「有難う」の一言を思い出して、なんだか嬉しくなり、

思わず笑顔になっていました。

不思議ですね。

亡くなった方を思い出して、温かな思いに満たされるとは、

このように思い出していただける自分になりたいと思います。

その時の讃美歌だったわけではなく、

ふいに、何の脈絡もなく思い出しただけですが、

笑顔で讃美できたことに感謝します。

信仰は、受け継がれていくものだということを、実感しています。

この温かな思いが、伝わっていくこと、

これが伝道だとも思いました。

ただ、ただ、感謝します。