呼吸のように・・・

俳句のエッセー

24時間営業の妥当性

セブンイレブンが、全店にアンケートを取るそうです。

24時間営業の妥当性について、意見を受け付けるもよう。

この結果は、社会に大きな影響を与えるでしょう。

この人手不足の折、果たして、僅かなお客のために、

深夜まで営業する必要があるのか、どうなのか、

話合われるべきです。

営業側は、なかなか時短を言い出せないのでしょう。

しかし、ひずみが来ているのは、誰もが承知しています。

時代は変わります。

果たして、アンケート結果はどうでるのか、

私は楽しみにしています。

「晨」三十五周年 記念総会に出席いたしました。

昨年、代表の大峯あきら先生が急逝され、

その後を、山本洋子先生がお継ぎでしたが、

体調不良のため名誉主宰として、退かれました。

そして、代表は中村雅樹先生となりました。

超結社ですので、結社の主宰の方が多く同人として集っていらして、

運営方針等、決定するのは大変だったのではないでしょうか。

「晨」同人会の決定ですが、

私は、「晨」の同人ではないので、

その場にはいませんでした。

記念総会と懇親会とだけに出席させていただきました。

皆さま、とてもお優しくて、初めての緊張もなく、

楽しいひと時を過ごさせていただきました。

有難うございました。

大峯先生の俳句の姿勢が紹介され、

俳句の厳しさと楽しさを、改めて心に刻みました。

貴重な時間でした。

 

f:id:mijinyamatanishi:20190625003805j:plain

三十五周年を記念して、田島和生先生がお祝いの言葉を述べられました。

 


f:id:mijinyamatanishi:20190625003734j:plain

「晨」新代表 中村雅樹先生

一度、「雉」の大会でご講演いただきました。

そのことをお話しますと、

「お恥ずかしい」と一言おっしゃいました。