呼吸のように・・・

俳句のエッセー

監督の資格

「監督の仕事を求める人があれば、その人は良い仕事を望んでいる。」

だから、監督は非のうちどころがなく、

一人の妻の夫であり、節制し、分別があり、礼儀正しく、

客を親切にもてなし、良く教えることができなければなりません。

また、酒におぼれず、乱暴でなく、寛容で、争いを好まず、

金銭に執着せず、自分の家庭をよく治め、

常に品位を保って子どもたちを従順な者に育てている人でなければなりません。

自分の家庭を治めることを知らない者に、

どうして神の教会の世話ができるでしょうか。

監督は信仰に入って間もない人ではいけません。

それでは高慢になって悪魔と同じ裁きを受けかねないからです。

  (テモテⅠ 3:1~6)

 

仕事や病気や、特別な理由もないのに、

家族に別帳会員がいる人は、長老にふさわしくないと思う。

まず、家庭を治めるのが大事であり、

家庭を優先させ、問題があれば解決することが、まず望まれる。

また、転入会して3年は被選挙権がないわけだが、

かつて教会員だった方が戻って来た場合は、転入会後、

すぐに被選挙権が与えられることになっている。

しかし、それは検討されるべきだと思う。

教会を知っていても、信徒を知らない。

ブランクが数年程度であれば別かもしれないが、

10年を超えるブランクがある場合、信徒も変わってしまっている。

そんな人が、どのようなご立派な経歴であっても、

即座に被選挙権を与えるのは無理があると思っている。

また、受洗後、すぐに委員会の仕事や

何かの役目を負うことには反対である。

信仰が奉仕にとって代わる危険がある。

まず、霊を養うべきであり、受洗後の勉強会は何より大切と思う。

また、教会になれるための大切な時であり、

その意味では、日常諸奉仕は勧めた方がいい思う。

ただでさえ忙しい毎日である。

信徒を奉仕に疲れさせてはならないと思う。

日頃、仕事で重責を担っている者も多い。

その信徒を教会奉仕に縛り付けるのは、適当ではない。

奉仕はできる者が、できることをしたらいいと思うのであり、

積極性が望まれるのであり、~なければならない、では、

喜びも愛もなくなってしまう。

信徒は、教会に何かしてもらうことを期待してはならない。

自分に何ができるかを考えるべきである。

すべてを当事者と思い、考え、行動していくこと、

そうすれば、批判ばかりが横行することはなくなる。

もちろん、奉仕されるべき立場の信徒はこの範囲ではない。

以上、

普段より考えていることの一部である。

 

 

 

俳句会にて

俳句会の経験のない方から、

「句会で疲れた」とか言いますと、

そんなに真剣なのか、と驚かれることがあります。

どうも、お茶とお菓子をいただいて、楽しく俳句を披露し、

褒め合って楽しむもの、というイメージがあるようですが、

それは、全くの間違いです。

真剣勝負そのものです。

かといって、点にこだわるわけではありませんが、

俳句は、「座の文芸」と言われ、

句会で練られて、成長するものですので、

それなりの勉強の場として、だらけた空気では、

決してありません。

さて、虚子は、選評を一切しなかったそうですが、

秋櫻子は、丁寧に評をしていたようです。

それを聞いたとき、秋櫻子が親切だと思いましたが、

それは、選評をしていただいた方が、上達が早いと考えたからです。

一方で、虚子は厳しい、と思いましたが、

今は、むしろ、俳人として相手を尊重していたのかもしれないと

思い始めています。

虚子の本を繙くと、各々に各々の俳句があってしかるべき

というようなことが書かれており、

その姿勢が句会に表れていたのではあるまいか、

そう思います。

俳句会に出席し、指導を受けている立場としては、

どうにかして、一句でも評をいただきたいと思うのが常ですが、

一方で、「自分で考えてみなさい」と言われたとしても、納得します。

選に漏れた、その事実だけで、学ぶところが多いにあります。

その姿勢がなければ、句会にどれだけ集っていても、

意味がないということです。

桃の葉

桃の葉の吸ひ込まれゆく山羊の口   沢木 欣一

(もものはの すいこまれゆく やぎのくち)

 

昭和21年の作品。

思わず目を見張りました。

山羊の口に吸いこまれる桃の葉とは、見事な表現です。

山羊が桃の葉を食んでいるところですが、

シュレッダーに紙が吸い込まれるかのように

桃の葉が山羊の口へ入っていったのでしょう。

眠そうな山羊の表情も目に浮かぶようで、面白い作品です。

 

ただの葉ではなく、「桃の葉」というところに心が動きます。

桃の葉とくれば、その美しい花や実を思い浮かべない人はないでしょうし、

その印象的な花や実を思わせて、葉を詠みます。

眼目は、「吸い込まれゆく葉」ですが、

その葉が、桃の葉であるゆえに、

その意外性がこの句を強いものにしているでしょう。

人には鑑賞に値する花も、美味しい実も、

山羊には、食料対象ではないという驚きが、

この句を生み出しました。

桃は、桜と同じように、

花が咲き終えてから葉が萌えて、

実がなるころに、実を守るかのように

大きな葉が重なり合います。

 

『沢木欣一集』によると、昭和21年は「風」創刊の年。

欣一26歳。

この師系の末端に繋がる私は、誇りに思うとともに、

我が身を恥ずかしく思う一句であります。

 

 

ストーンズフリーク

内田裕也さんが亡くなりました。

樹木希林さんを追うように、逝ってしまわれました。

寂しくなりました。

若い頃、ローリングストーンズが好きだった頃があり、

(私は、early stonesが好きだったのですが)

初来日のLIVEへ、夜行バスで出かけました。

夜行バスだったというのは、バス会社が、

コンサートとパックで売り出しており、

それを買うことができただけであって、

そうでなければ、とてもとても、手に入れることはできませんでした。

Peint it Black も聞けましたし、

ミックの声も伸びていた頃でしたし、ラッキーでした。

ミック・ジャガーは、日本語で、二度、挨拶してくれたと思います。

「わたしたちは、日本に来るのを、長く待ちました」

日本にクールのを・・・と聞こえたことで、話題になりました。

もう一つ、

「まだまだ、つづくよ!」

こちらは、「まぁだ、まぁだ、つっづくよ~」と言っており、

これも話題になりました。

ストーンズフリークたちには、たまらないことでした。

確か、当時、ストーンズファンクラブの会長は、

裕也さんではなかったでしょうか。

お世話になりました。

裕也さんは天国へ行ってしまわれましたが、

ロックンロール精神は、

「まぁだ、まぁだ、つっづくよ~」

ですね。